メールはこちら

解決事例

円満な離婚によってお子さんの生活が守られた事例

依頼主 30代 女性

相談前

奥さんからの相談でした。お子さんを連れて別居していましたが、生活費に事欠く状態で、非常に苦労しておられました。夫からは面会の催促ばかりで養育費の話が一切ない状態でした。

相談後

弁護士が速やかに代理人になり、夫と交渉しました。夫は子供を連れ去られたことに憤りを覚えていましたが、親権は難しいこと、面会交流を充実させること、今後も円満な面会を実現することが子供にとってもよいし、養育費も重要であることなどを伝えました。最初はなかなか憤りが収まりませんでしたが、じっくりと話をし、試験的な面会交流を重ねる中で信頼関係を回復し、妻側も養育費をしっかりともらって離婚することができました。

弁護士からのコメント

別居直後などは、お互いが不安を抱えているために、自身の要求ばかりをぶつけてしまいがちです。双方の思いをしっかりと受け止め、最終的に大切なのは何か、子供の幸福のためには何がよいのかを冷静に考えるところから、解決の糸口が見えた事案でした。