メールはこちら

解決事例

妻が財産のすべてを把握している一方、夫がまったく財産を把握していなかったものの、裁判でそれを明らかにして財産分与に成功した事案

依頼主 30代 男性

相談前

相談に来られたのはご主人の方でした。同居中は家計のすべてを妻に任せ、小遣いをもらっている生活であったため、家にどれくらいの貯金があるのか、どのような保険があるのか、まったくわからない状態でした。妻からは財産分与を0とした協議離婚の案を提示されていたのですが、まったく財産がないということが納得できないとのことで、相談に来られました。

相談後

弁護士が代理人となって交渉しましたが、妻は財産の内容をまったく明らかにしませんでした。そこで、調停、裁判と進み、その中で、調査嘱託や弁護士会照会といった、財産調査の手続きを使って、妻の預貯金、生命保険を明らかにしていきました。すると、かなりの財産があったことが判明し、それらを考慮した上での和解による離婚となりました。

弁護士からのコメント

妻に家計の管理を任せてしまっており、財産がどれくらいあるのかわからないという男性は多くあります。しかし、そんな場合でも財産を調べる方法はあります。是非、早めに弁護士にご相談下さい。